大会結果

大会の種類

全日本空道連盟は下記の4大会を主催しています。

◆北斗旗全日本空道体力別選手権大会

春開催。開催地は年ごとに異ります。身長+体重の「体力指数」により5クラスおよび女子クラスに分けられます。

-230 (体力指数230未満)
-240 (体力指数230以上240未満)
-250 (体力指数240以上250未満)
-260 (体力指数250以上260未満)
260+(体力指数260以上)
女子

北斗旗全日本空道無差別選手権大会

秋開催。開催地・東京。
出場選手決定後、出場選手全体を4等分してA 軽量(-230)中心、B 中量(-240)中心、C 軽重量(-250,-260)中心、D 重量(260+)中心のブロックに分け、ベスト8選出後くじ引きにより決勝トーナメントの組合せを決定します。

◆全日本空道ジュニア選手権大会

北斗旗全日本空道無差別選手権大会と同日開催。開催地・東京。

ジュニアの試合はU7(7歳未満)、U9(9歳未満)、U11(11歳未満)、U13(13歳未満)、U16(16歳未満)、U19(19歳未満)のカテゴリ毎のルールで実施されます。

U7(7歳未満)
U9(9歳未満)
U11(11歳未満)
U13(13歳未満)
U16(16歳未満)
U19(19歳未満)

全日本空道シニア選抜選手権大会

北斗旗全日本空道体力別選手権大会と同日開催。

出場選手決定後、身長+体重の「体力指数」から年齢を除した「シニア体力指数」によるクラス分けで実施されます。

シニア軽量級
※参加人数にあわせ、シニア体力指数10差を目安に増減
シニア中量級
※参加人数にあわせ、シニア体力指数10差を目安に増減
シニア重量級
※参加人数にあわせ、シニア体力指数10差を目安に増減